飲用水

水素水サーバーは場所を取らずに設置可能!気軽に水素を取り入れよう

水素水サーバー購入で手軽に水素を体内に取り入れられる

ミネラルウォーター

水素を体内に入れるためには水素水飲用と水素吸入の2種類があります。飲用と吸入では水素の臓器内分布が異なります。飲用の場合は肝臓、腎臓、脾臓、膵臓、腸で統計学的に有意に吸入よりも水素濃度が高くなります。筋肉では吸入の方が統計学的に有意に水素濃度が高くなります。心臓では飲用が、脳では吸入が水素濃度が高くなりますが、統計学的には有意でありません。血液中ではほぼ同じになります。
このことから、水素水の水素は消化管から吸収して各臓器に回るというよりは消化管から消化管細胞の間をすり抜けて各臓器に回ると考えられます。
水素水を毎日の生活に取り入れるためには水素水サーバーをお勧めします。水素水は水素水サーバー以外にペットボトルを購入することもできます。ラベルに記載のある水素濃度が保証されているのが原則ですが中には水素量が不足しているペットボトルが発売されていることもあります。
水素水サーバーはレンタルでも購入することができますが、レンタルの場合には水素発生部分の入れ替えで水素濃度が安定しない場合があるので、特殊な電解層の水素水サーバーを購入することをお勧めします。いきなりの購入はハードルが高いと感じる方は、まずは1か月のお試しから始めてみることをオススメします。

TOP